未成年援交で前科者へなりたいですか?

セックスフレンド、略してセフレという言葉を耳にすることもしばしばあるかと思います。
これは恋愛感情などなしに、セックスだけを楽しむ男女関係をいいます。
そして、援交という言葉を聞いたことのある人も多いことでしょう。
こちらも恋愛感情がなくセックスをする男女関係なのですが、この2つには大きな違いがあります。
セフレ関係においては金銭の授受がされることはなく、純粋にセックスだけを楽しむことを目的に付き合っています。
一方援交関係にある男女の間には、セックスをする上においてお金のやり取りが行なわれるのです。
援交というオブラートに包んだような言葉遣いをしていますが、つまりは売春行為と何ら変わらず、警察に発覚した場合は罪に問われるのです。
それだけではなく、援交の相手が未成年者であった場合には「未成年淫行罪」も適用されるのです。
このように援交は疑いなく違法行為なのですが、行なっている男性がそれをはっきり認識しているのだろうかという気持ちを持ってしまいます。
法を犯したのですから当たり前なのですが、援交が警察に知れると逮捕されます。
逮捕だけでも大変なことですが、それだけでは終わりません。
結婚をしていたなら家庭は崩壊、おそらく離婚は免れないでしょう。
職場においても籍を残してもらえるとは思えませんから、解雇されるに違いありません。
別の職場を探すとしてもこの不景気な世の中、簡単なことではない上、何といっても「前科者」が新しい仕事を見つけるのは困難です。
万が一、妻や子供が寛容にも許してくれ、職場も復帰を認めてくれたとしましょう。
しかし、あなたが援交で罪に問われたという事実は周りの人の心の中にいつまでもしこりとして残るのです。
援交は、いつかこういった事態を引き起こす可能性を秘めています。
ひと時の快楽と引き換えに平穏な日々をなくしてしまう覚悟があるのなら、援交をすることを私は止めはしません。