援助交際は昔も今も衰えることなく行われています

援助交際を持ちかけてくる中には18歳未満も混じっています、というか大半が10代!

援助交際をしたい――こんな考えを持っている男性もいるでしょうが、風俗にしておきましょう。
実際に援助交際をした人達を調査したワケじゃないですが、報道によると援助交際で逮捕されたり事件になったりしています。
大抵の男性は立派な成人の人ばかり。
女性は未成年の女の子が多いです。
援助交際をしている女の子の中には18歳以下の高校生も混じっていると考えられます。
10代でもメークやファッションによっては年齢が大人びて見えることもあります。
二十歳以上の大人の女性に見えることは不思議でもなんでもありません。
カラダの成熟もそれなりですし、話言葉や態度もおとなの女性でも子どもっぽい人がいますから年齢不詳になって、誤魔化すことも不可能ではないです。
18歳未満の児童との性行為は条例や法律によって禁止されています。
発覚すれば罰せられることは逃れられません。
大部分は男性に責任があるとされます。
18歳未満の女子校生は簡単に白状しますからバレるのは時間の問題でしょう。
そうまでして援助交際=売春をするのでしょうか?
援助交際に限らず女性とセックスして金銭の授受があれば売春防止法に抵触してあなたは犯罪者になります。
18歳未満の未成年者との援助交際を大手をふって募集することはありません。
表向きは援助交際は存在しないことになっているだけで闇サイトではどんどん募集されています。

出会い系サイトで援助交際を募集してはいけません

出会いたい男女がインターネットで出会う場が、出会い系サイトとして有名です。
けれども中々希望通りに出会いが叶わない人達もいます。
メル友関係だけで良いという人もいるからメールのやり取りだけで終わる人もいます。
直接対面を望まないならばメル友止まりなのです。
出会い系サイトで知りあって恋人同士になり結婚するカップルもいます。
不倫関係になる男女もいるわけです。
いろいろな目的に対応しているのが出会い系サイトのメリットになります。
しかしながら、出会い系サイトであからさまに援助交際を希望している人はいません。
それはストレートに援助交際希望と掲示板に記載すると管理人から注意されるし警察もパトロールをしているからです。
援助交際は犯罪行為ですから出会い系サイトで募集してはいけません。
ですが男性でも女性でも援助交際に興味がある人は少なくありません。
だから廃れてしまうこともないのです。
一度援助交際の味をしめてしまうと麻薬のように簡単にその世界から抜け出せなくなります。
2時間程度の時間、男性とSEXをすれば30000円ほどのお金が貰えるのです。
こういった高額なアルバイトはないですから倫理観がない人は継続してしまいます。
一度でも被害に合わないとストップできないでしょう。
出会い系サイトには黒い組織も動いているので要注意です。

JCやJKが援助交際をしている実態

援助交際をする二十歳未満のティーンエイジが増えて生きている風潮にあります。
どれくらいの女子高校生が援助交際をしているのでしょう。
またどの程度の儲けをしているのか興味がある部分です。
以前、援助交際歴がある女子校生に匿名で取材をしたことがあります。
そのときの取材メモを見ると改めて驚くべき事実が見えてきます。
ここではそれをご披露したいと思います。
1回援助交際=売春をする都度にどの程度の金銭が動くのか――これは個人差があるでしょう。
大体の平均値をとると30,000円という相場が浮き彫りになってきます。
どういった男性と相手することが多いのか?という質問には、お金次第ということです。
キモイ相手でも金額が上がればOKするという割りきった考え方です。
最後の質問は援助交際をしていることにどう感じているのか?と問うてみました。
特に罪悪感は感じていない女の子が大半でした。
今が楽しく過ごせればそれでいいのだ!という考え方です。
甘い考えで将来のことは見えていない幼稚な思考能力しかないのですから援助交際は消えることはないでしょう。