スマートフォンや携帯電話が普及したので援助交際が広まりました

近頃はスマートフォンや携帯電話を持っているのがあたりまえなので、いろんなことができます。
財布を持っていなくてもお財布ケータイ機能があれば支払いをすることができます。
友だちとも気軽にメールのやり取りができます。
LINEIDを交換したりして無料通話も楽しめるのです。
ビジネス面でもモバイル端末があれば仕事もスムーズに進みます。
今の日本社会においてスマートフォンや携帯電話はなくてはならない物になっています。
高齢者の人達はこんなツールがなくても生活はできるでしょう。
しかし二十歳前のティーンエイジの女性などはスマートフォンや携帯電話がなければ生活に支障があるという人が多いです。
私も若い頃はスマートフォンや携帯が友だちの一部になっていました。
一度紛失したことがあったのですが不安で不安で落ち着きがなくなりました。
それほど携帯やスマートフォンは生活必需品になっていたわけです。
そしてスマートフォンや携帯電話で良く使われているサイトが出会い系サイトです。
援助交際でも簡単にできるような環境になっています。
街で歩いている女の子に声をかけて30,000円でどう?なんてナンパすることもありません。
掲示板などで援助交際を意味させるような記載をしておけば希望の相手から連絡がきます。
メールを通じて条件を交渉することもできるわけです。
けれどもインターネットでの出会いは危険な部分もあります。
援助交際の相手がまともな人でなく騙しの人もあります。
警察当局も出会い系サイトは監視しているので注意をすることです。

時給にして100倍も違う・・・

女子高校生がお金を稼ぐために、いろいろなお店などでアルバイトに励む姿というのは、見ていてもほほえましいものがありますが、しかし実際のところ、彼女たちがアルバイトで働けるお金というのは、時給換算でだいたい700円前後がいいところでしょう。
ところが、場合によっては時給にして「7万円」という大金を手に入れることが可能な時代になっています――とはいっても、これは合法なアルバイトではなく、明らかに違法行為である「援助交際」による収入の話です。
もちろん、援助交際にも相場というものがあって、だいたい1回につき3万円前後が平均的だそうですが、しかしちょっと羽振りのいい男性だと、だいたい5万円〜7万円前後を支払うということですから、これはちょっととんでもない金額であると言えるでしょう。
しかも、これを1時間かそこらで支払い、手にするというのですから、そういうやりとりが行われる時点で、男性も女の子もまともな発想とはおよそ言えません。
まあこれは金額や時間の問題ではなく、モラルの問題なのですが、しかしやはり人というのは、手に入れるのが難しければ難しいほど欲しくなりますし、得られる金額が大きければ大きいほど、前向きに考えてしまう生き物ですから、どうしてもそういうことになってしまうのです。
何しろ、時給にして100倍も違うわけですから、気持ちがわからないわけではありませんが、若い女の子が自分の身体をもっと大切にしてほしいものです。