未成年援交で前科者へなりたいですか?

セックスフレンド、略してセフレという言葉を耳にすることもしばしばあるかと思います。
これは恋愛感情などなしに、セックスだけを楽しむ男女関係をいいます。
そして、援交という言葉を聞いたことのある人も多いことでしょう。
こちらも恋愛感情がなくセックスをする男女関係なのですが、この2つには大きな違いがあります。
セフレ関係においては金銭の授受がされることはなく、純粋にセックスだけを楽しむことを目的に付き合っています。
一方援交関係にある男女の間には、セックスをする上においてお金のやり取りが行なわれるのです。
援交というオブラートに包んだような言葉遣いをしていますが、つまりは売春行為と何ら変わらず、警察に発覚した場合は罪に問われるのです。
それだけではなく、援交の相手が未成年者であった場合には「未成年淫行罪」も適用されるのです。
このように援交は疑いなく違法行為なのですが、行なっている男性がそれをはっきり認識しているのだろうかという気持ちを持ってしまいます。
法を犯したのですから当たり前なのですが、援交が警察に知れると逮捕されます。
逮捕だけでも大変なことですが、それだけでは終わりません。
結婚をしていたなら家庭は崩壊、おそらく離婚は免れないでしょう。
職場においても籍を残してもらえるとは思えませんから、解雇されるに違いありません。
別の職場を探すとしてもこの不景気な世の中、簡単なことではない上、何といっても「前科者」が新しい仕事を見つけるのは困難です。
万が一、妻や子供が寛容にも許してくれ、職場も復帰を認めてくれたとしましょう。
しかし、あなたが援交で罪に問われたという事実は周りの人の心の中にいつまでもしこりとして残るのです。
援交は、いつかこういった事態を引き起こす可能性を秘めています。
ひと時の快楽と引き換えに平穏な日々をなくしてしまう覚悟があるのなら、援交をすることを私は止めはしません。

未成年援交が秘める恐ろしさ

数年前に援交が社会問題となり、マスコミでも大きく取り上げられました。
もちろん援交そのものにも問題があるのですが、なにより援交をする女子高生の割合が大きかったことが特に問題喚起となりました。
国や自治体で法改正や規制などが行なわれ、今では普段援交という言葉を耳にすることは少なくなりました。
けれども、援交自体がなくなってしまったのではありません。
今でもそれをする女性、そして受け入れる男性はたくさんいるのです。
援交などと一見なんでもないような言葉を使っていますが、これは間違いなく「売春」です。
警察に見つかると、男女とも罪に問われます。
さらに女性が未成年者の場合、男性は「未成年者淫行罪」が追加されるのです。
援交をしたことでただ法律上罪に問われるだけではありません。
援交に関わる事件や事故はたくさん報告されていますし、暴力団の資金源となることも多いためトラブルが続出しているのが現状です。
援交の相手を見つける手段としてはネット上の出会い系サイトが利用されることが中心なので、お互いの接点がほとんどありません。
したがって、事件や事故が起こっても警察の捜査が難航することはよくあるのです。
援交をする女性というのは家出をしていることも多く、行方不明のままどこかで殺害されていても判明しにくいのです。
また不特定多数の男性を相手にすることから、性感染症つまり性病をうつされる危険性も多分にあります。
感染した病気によっては命に関わることもありますし、子供が産めない身体になってしまわないとも限りません。
援交で手に入れられるお金とこれらのリスクをはかりに掛ければ、あなたが選ぶべき道はどちらかというのはお判りですよね。

お金の儲け方を間違っていませんか?

人々は生活の為に働いています。
仕事に対する誇りや遣り甲斐や達成感を求めている人もいるでしょう。
もちろん報酬もです。
職種は様々あるでしょうけど、援助交際を職業として認識している人もいる時代かも知れません。
確かに、援助交際をして大金を手にしている人は実在していますが、将来性はあるのでしょうか?
個人的には「荒稼ぎ」と思えてなりませんし、自らの性を資本にしてお金を貰う行為は、とても正道とは思えません。
当然、援助交際が発覚すれば犯罪です。
それでも目先の大金の為にやめられずにいる人や、性欲を満たす目的の人がいる限り、援助交際は成立してしまうのです。
肉体労働をしている感覚なのでしょうか?それなら大間違いだと思います。
いえ、間違っていますよ。
援助交際に警鐘を鳴らす時代になってきたのではありませんか?
肉体関係をお金に換算するのは、人のみちに外れていると言う事に気づいて欲しいものです。
性は神聖なるものでしょ?
そう思わない人が援助交際をしてしまうのでしょうね。
地位や名誉がなくても良いのです。
最低限、援助交際をしない人間でいて欲しいものです。
お金は必要ですが、援助交際をして貰った金で、果たして身も心も充実した生活が送れるのでしょうか?それが疑問でなりません。
毎日、通勤しても、20万円そこそこの収入の人々が多い中、援助交際は毎日しなくても40万円以上の稼ぎがあるらしい。
その金額に味をしめてしまったと言うのでしょうか?今も尚援助交際をしている人には、是非目覚めて欲しいものです。
お金の価値観や自分の身体を粗末にして事を知るべきです。

出会い系サイトをキッカケにして援助交際へ向かう

インターネットで男女が知りあう目的の出会い系サイトの種類はとても多くなってきています。
オタク仲間との出会い・ピュアな恋愛をしたい男女・熟女との出会い……さまざまな出会いが待っています。
個人個人の嗜好によって相手の女性を選べるという時代になっているのです。
サイトにアクセスして希望のカテゴリーを選べるようなデザインになっています。
さらに細分化が進んでおり、SMを趣味にしている人向け・セフレを探している人向け・援助交際をしたい人向けの闇サイトなど多彩です。
SMサイトにしろセフレサイトにしても成人した立派な判断ができる大人が合意をすれば問題はないでしょう。
しかし援助交際のカテゴリーになると少々事情が異なります。
援助交際の場合は二十歳前、特に18歳未満の未成年女性が餌食になることがあります。
お金でカラダを買われるという売春行為が行われています。
道徳的にも許されることではなく犯罪行為そのものです。
ですからどこのサイトでも援助交際をほのめかすような行動は慎みましょう。
警察がパトロールしているケースもあります。
実行しなくても発言しただけでも逮捕されることがあるので軽はずみな行動はやめておくことです。

援助交際でだまされないためには

男性が援助交際の相手を探すというのもずいぶん楽になったものです。
昔はテレクラに出かけたものですが、今では携帯を使ってネットを通じいつでもどこでも簡単に探すことができるようになったわけです。
さらに、最近ではコミュニケーションアプリなどを使うことも増えてきたそうです。
無料通話も有名ですが、掲示板などを使って検索して見つけるのだそうです。
ちょっと前なら出会い系で相手を探すことも多かったようですが、とにかくアプローチの数をこなさなければなかなか見つからないことも会ったようです。
それ以前にサクラにだまされることも多かったようですしね。
また、相手を見つけたからといって安心はできません。
相手の写真が現実と違ってガッカリするくらいならまだしも、ひどい場合にはホテルの中に怖いお兄さんたちが待っていて金品を巻き上げられる被害も少なくないというのですからね。
もしかしたら、最初から怖いお兄さんたちが女性のふりしていたのかもしれません。
援助交際をするような男性からなら金を脅し取りやすいのかもしれませんしね。
こうした怖い思いをする確率もグッと低くなるそうなので、使っている人が増えているのかもしれません。

援助交際は昔も今も衰えることなく行われています

援助交際を持ちかけてくる中には18歳未満も混じっています、というか大半が10代!

援助交際をしたい――こんな考えを持っている男性もいるでしょうが、風俗にしておきましょう。
実際に援助交際をした人達を調査したワケじゃないですが、報道によると援助交際で逮捕されたり事件になったりしています。
大抵の男性は立派な成人の人ばかり。
女性は未成年の女の子が多いです。
援助交際をしている女の子の中には18歳以下の高校生も混じっていると考えられます。
10代でもメークやファッションによっては年齢が大人びて見えることもあります。
二十歳以上の大人の女性に見えることは不思議でもなんでもありません。
カラダの成熟もそれなりですし、話言葉や態度もおとなの女性でも子どもっぽい人がいますから年齢不詳になって、誤魔化すことも不可能ではないです。
18歳未満の児童との性行為は条例や法律によって禁止されています。
発覚すれば罰せられることは逃れられません。
大部分は男性に責任があるとされます。
18歳未満の女子校生は簡単に白状しますからバレるのは時間の問題でしょう。
そうまでして援助交際=売春をするのでしょうか?
援助交際に限らず女性とセックスして金銭の授受があれば売春防止法に抵触してあなたは犯罪者になります。
18歳未満の未成年者との援助交際を大手をふって募集することはありません。
表向きは援助交際は存在しないことになっているだけで闇サイトではどんどん募集されています。

出会い系サイトで援助交際を募集してはいけません

出会いたい男女がインターネットで出会う場が、出会い系サイトとして有名です。
けれども中々希望通りに出会いが叶わない人達もいます。
メル友関係だけで良いという人もいるからメールのやり取りだけで終わる人もいます。
直接対面を望まないならばメル友止まりなのです。
出会い系サイトで知りあって恋人同士になり結婚するカップルもいます。
不倫関係になる男女もいるわけです。
いろいろな目的に対応しているのが出会い系サイトのメリットになります。
しかしながら、出会い系サイトであからさまに援助交際を希望している人はいません。
それはストレートに援助交際希望と掲示板に記載すると管理人から注意されるし警察もパトロールをしているからです。
援助交際は犯罪行為ですから出会い系サイトで募集してはいけません。
ですが男性でも女性でも援助交際に興味がある人は少なくありません。
だから廃れてしまうこともないのです。
一度援助交際の味をしめてしまうと麻薬のように簡単にその世界から抜け出せなくなります。
2時間程度の時間、男性とSEXをすれば30000円ほどのお金が貰えるのです。
こういった高額なアルバイトはないですから倫理観がない人は継続してしまいます。
一度でも被害に合わないとストップできないでしょう。
出会い系サイトには黒い組織も動いているので要注意です。

JCやJKが援助交際をしている実態

援助交際をする二十歳未満のティーンエイジが増えて生きている風潮にあります。
どれくらいの女子高校生が援助交際をしているのでしょう。
またどの程度の儲けをしているのか興味がある部分です。
以前、援助交際歴がある女子校生に匿名で取材をしたことがあります。
そのときの取材メモを見ると改めて驚くべき事実が見えてきます。
ここではそれをご披露したいと思います。
1回援助交際=売春をする都度にどの程度の金銭が動くのか――これは個人差があるでしょう。
大体の平均値をとると30,000円という相場が浮き彫りになってきます。
どういった男性と相手することが多いのか?という質問には、お金次第ということです。
キモイ相手でも金額が上がればOKするという割りきった考え方です。
最後の質問は援助交際をしていることにどう感じているのか?と問うてみました。
特に罪悪感は感じていない女の子が大半でした。
今が楽しく過ごせればそれでいいのだ!という考え方です。
甘い考えで将来のことは見えていない幼稚な思考能力しかないのですから援助交際は消えることはないでしょう。

援交を続けるの?売春に性感染症あなたは知ってますか?

援交などという一見耳ざわりのいい言葉を使っていますが、これは「売春」なのです。
売春というと「お金に困って生活のために仕方なく」というものが昔は多かったのですが、今では遊びやファッション、グルメなど贅沢な暮らしをするためのお金欲しさに行なっているケースがほとんどです。
セックスをするだけで短時間で多額のお金が手に入るのですから一度手を染めてしまうとなかなかやめられず、何度も援交を繰り返す女性が少なくないのは何となく理解できます。
しかし援交は間違いなく犯罪であり、事件や事故に巻き込まれるケースも多数報告されています。
その挙句、人生を狂わされたり命に関わるような事態になってしまうこともないとはいえないのです。
そんな現実を彼女たちはしっかり認識していないのでしょうか。
「事件や事故に巻き込まれるのは運が悪いから」「大変な状況になるのはほんの一部の人だけ」そう思っているのでしょうか。
援交を長きに亘り行なっている女性でも、その多くは結婚を期に引退します。
愛する男性との新しい生活を築くためなのでしょうが、その未来の夫は自分の妻になる女性がこれまで多くの男性に身を売ってきたということを知っているのでしょうか。
それを知らずに結婚するというのでは男性が可哀想ですし、了解した上で結婚をするにしても心の中は平穏ではないはずです。
そしていずれの場合であれ、女性の心の中には「しこり」が残り続けるに違いありません。
援交の問題は、犯罪であり事件や事故に巻き込まれるかもしれないということだけではありません。
また、結婚の際の彼氏への感情的なものだけでもないのです。
不特定多数の男性と関係を持つことから、性感染症つまり性病をうつされる恐れもあるのです。
症状が重ければ、将来子供を産めなくなることもあります。
あなたはこれらのことを知ったその上でも、まだ援交でお金を得ようとするのですか。

援助交際の最新事情

出会い系サイト規制法が施行されて援助交際を取り締まることができています。
効果が出ているのでしょう。
近頃は援助交際に関してのトラブルが報道されることも少なくなりました。
援助交際がなくなってしまったと映るかもしれません。
けれども18歳以上の援助交際はどうでしょうか?
出会い系サイトでもされているようですし、未成年者の援助交際は闇サイトで行われていると言われています。
学識者やマスコミや警察には人気のピークが過ぎてきたときにようやく認知さえるほどです。
インターネットの利用については中学生よりも劣っているのでしょう。
出会い系サイトは年齢認証が厳しくなっているので、18歳未満の未成年者はSNSサイトに舞台を移しています。
SNSサイトには誰でも利用できるオープン型もありますし、パスワードを設定して会員しか参加できないクローズ型もあります。
こういったサイトを上手く使いながら援助交際の斡旋をしているところも多いですし闇サイト化していて表からは全くわからないサイトもあります。
検索エンジンでは該当しないようなソースになっているのです。
SNSサイトは年齢制限がありません。
だから小学生でも中学生でも参加できるのです。
SNSサイトでも援助交際の事件が起こってくれば規制対象となるでしょう。
いたちごっこになりますので、規制がでても必ず抜け道はでてくるようになってますし、ますます闇サイト化が加速されるだけです。
実際には援助交際が低年齢化していても表面化していません。
だから減少していると感じるのかもしれないですね。

スマートフォンや携帯電話が普及したので援助交際が広まりました

近頃はスマートフォンや携帯電話を持っているのがあたりまえなので、いろんなことができます。
財布を持っていなくてもお財布ケータイ機能があれば支払いをすることができます。
友だちとも気軽にメールのやり取りができます。
LINEIDを交換したりして無料通話も楽しめるのです。
ビジネス面でもモバイル端末があれば仕事もスムーズに進みます。
今の日本社会においてスマートフォンや携帯電話はなくてはならない物になっています。
高齢者の人達はこんなツールがなくても生活はできるでしょう。
しかし二十歳前のティーンエイジの女性などはスマートフォンや携帯電話がなければ生活に支障があるという人が多いです。
私も若い頃はスマートフォンや携帯が友だちの一部になっていました。
一度紛失したことがあったのですが不安で不安で落ち着きがなくなりました。
それほど携帯やスマートフォンは生活必需品になっていたわけです。
そしてスマートフォンや携帯電話で良く使われているサイトが出会い系サイトです。
援助交際でも簡単にできるような環境になっています。
街で歩いている女の子に声をかけて30,000円でどう?なんてナンパすることもありません。
掲示板などで援助交際を意味させるような記載をしておけば希望の相手から連絡がきます。
メールを通じて条件を交渉することもできるわけです。
けれどもインターネットでの出会いは危険な部分もあります。
援助交際の相手がまともな人でなく騙しの人もあります。
警察当局も出会い系サイトは監視しているので注意をすることです。

時給にして100倍も違う・・・

女子高校生がお金を稼ぐために、いろいろなお店などでアルバイトに励む姿というのは、見ていてもほほえましいものがありますが、しかし実際のところ、彼女たちがアルバイトで働けるお金というのは、時給換算でだいたい700円前後がいいところでしょう。
ところが、場合によっては時給にして「7万円」という大金を手に入れることが可能な時代になっています――とはいっても、これは合法なアルバイトではなく、明らかに違法行為である「援助交際」による収入の話です。
もちろん、援助交際にも相場というものがあって、だいたい1回につき3万円前後が平均的だそうですが、しかしちょっと羽振りのいい男性だと、だいたい5万円〜7万円前後を支払うということですから、これはちょっととんでもない金額であると言えるでしょう。
しかも、これを1時間かそこらで支払い、手にするというのですから、そういうやりとりが行われる時点で、男性も女の子もまともな発想とはおよそ言えません。
まあこれは金額や時間の問題ではなく、モラルの問題なのですが、しかしやはり人というのは、手に入れるのが難しければ難しいほど欲しくなりますし、得られる金額が大きければ大きいほど、前向きに考えてしまう生き物ですから、どうしてもそういうことになってしまうのです。
何しろ、時給にして100倍も違うわけですから、気持ちがわからないわけではありませんが、若い女の子が自分の身体をもっと大切にしてほしいものです。